トップ>出版物
出版物の紹介


ここでご紹介する出版物は県民の皆様からお寄せいただいた「緑の募金」により作成したものです。

(全て非売品ですが、☆印のものは、団体・個人等で熱心にご活用いただける方には、お分けすることが出来ます。(部数に限りがありますので、ご承知ください。)なお、この場合趣旨をご理解いただき、お気持ちを「緑の募金」にお寄せいただくようお願いしておりますので、よろしくお願い致します。)

○みどり通信 ☆
毎年1回発行の当機構の機関誌。事業報告や募金の実績、使途などを掲載。
 
○くらしと森林 ☆


 児童を対象に、本県の森林・林業の現状と活用、水資源のかん養や、国土保全、炭酸ガスの吸収固定など様々な機能、森林の保護や保全などについて理解を深めるため、県、県教育委員会及び(一財)山梨県森林土木コンサルタントと共著により森の教材を発刊。 社会科の副読本として県内の小学校5年生全員、市町村教育委員会、図書館等に配布。

発行日:毎年4月発行

コンテンツ

1.森林とわたしたちの関わり
2.くらしを守る森林の働き
3.森林で困ったことが起きている
4.元気な森づくりの循環
5.人が育てる森林
6.くらしと木材
7.山梨県の森林
8.県民の宝、県有林
9.森はよんでいる

 
○森林環境教育の手引き〜学校林活用マニュアル〜

 子どもたちの森林環境教育を目的とした、体験学習の場や自然観察等の野外活動の場として、学校林を、教師をはじめとしたPTA関係者、ボランティア団体等の皆様が活用していくうえで参考となるマニュアルとして作成。

発行日:平成19年12月

中身を見る【e-book】

 
 
○森へおいでよ〜やまなし森の体験マニュアル〜 ☆


 総合学習時間などを活用して森林内での学習や遊びなど、森との新しいかかわりを実践できるように、体験活動の企画・指導者のためのマニュアルとして発行。

発行日:平成15年8月
編集:山梨県森林インストラクター会


コンテンツ

*森のアクティビティ紹介編

    1. 森と出会おう〜まずは森林に出かけてみましょう、森での出会いと発見のはじまりです〜
    2. 森で遊ぼう〜森は自然が作った遊園地、発想豊かにダイナミックに遊ぼう〜
    3. 森と暮らそう〜アイディア一つで快適に、森でくらしてみませんか?〜
    4. 森を活かそう〜森林の手入れをして森を活かし、森の恵みで人を活かす活動〜

*森の体験 企画・指導のアドバイス編

  1. 野外活動の基本
  2. 指導者・企画者の心構えと準備
  3. know how(火の焚き方〜間伐木の選定など)
  4. やまなしの森林体験活動フィールド
  5. 森林環境教育・体験学習 資料集
 
○やまなし森林浴コースガイド

 登山やハイキングよりももっと気軽に楽しめる県内の森林浴コース(39市町村60コース)を紹介。

発行日:平成5年3月15日

 
○山梨の森を育てた人々

 山梨県には、緑の宝庫ともいえる広大な森林が美しく広がっています。
 そして、そこにはその山を育て、守ってくれた先人がいました。
  森林づくりに情熱を傾けた先人たちの物語。

発行日:平成3年6月25日